Sponsored Link

初めてのシーバスリールの選び方

私が初めてシーバスをする方にオススメするリールを選ぶ時のポイントは

  • メーカーを絞る
  • ワゴンリールを買わない
  • 高いリールを買わない

この3つです。

この3つをしっかり押さえたリールを購入すれば初めてでもしっかりとしたリールを購入できます。

では早速ポイントごとに紹介していきたいと思います。

 

メーカを絞ってワゴン販売のリールを買わない

まず大前提で釣りのリールは「ダイワ」と「シマノ」の2メーカーが独占しているといってもいいぐらいに3位以下を引き離しています。

正直リールの性能ではこの2社には到底かなわないと思います。

 

ですのでリールを選ぶ際はこの2つのメーカーから選んでおけばほぼ問題はないと思います。

私もこの2つのメーカーのリールしかし使用したことはありません。

 

ただしダイワとシマノの2つのメーカーでもそれぞれ特徴という物があります。

まあ高性能のリールになればなるほどメーカーの特徴はしっかりと表れてきますね。

正直私はこの2つのメーカーでどちらにするかは絞っていません。

 

ただし初心者にオススメのリールとしてはダイワのリールのほうがコストパフォーマンスが高いうえにかっこいいです。

 

2つのメーカー以外のリールで安いものは基本ワゴンで売られていたりすることが多いのですが、購入はNGだと私は思っています。

価格的には数千円しか変わらないで、トラブルや使い勝手は劇的に少なくなります。

また買うメーカーによってリールの大きさが違います。

ダイワはちょっと大きめ、シマノはちょっと小さめと覚えていただくといいと思います。

 

実際シーバスで使用するのであれば使いやすいサイズはダイワで2500番、シマノであれば3000番くらいが使いやすいです。

またリールによってはハイギアと呼ばれる、一回リールを巻くと普通のモデルよりも多く糸を巻けるものもあります。

 

私的には、ナイトゲームメインの方は通常、デイゲームメインの方はハイギヤを購入するといいと思います。

 

高いリールを買わない

この考えはロッドと同じで初めての場合はまずは低価格で良いものを購入してリールの感覚をつかむことが一番です。

メーカーをしっかりとしぼって選べば使いやすいリールを購入できますので損はしないと思います。

価格的には5000円前後で購入できるリールがベストです。

ちなみにワゴンリールは約3000円くらいです。

 

私のオススメ初めてのリール編

では早速私がオススメするリールを紹介しちゃいます。

・ダイワ

クレスト 2506

画像

価格 4500~5000円

正直このリールが初心者の入門リールでは間違いないと思います。

実際に私もこのリールを使っていますので、操作性や耐久性は抜群です。

ちなみに私はトラウトとブラックバス用のリールとして2004番のクレストを使用しています。

価格以上の満足は間違いないと思っています。

2506番の6の意味はPEライン用に細めのラインでも巻くことのできる溝の浅いリールの種類のことを言います。

この06でPEの0.8号の糸が140メートルしっかりと巻くことができるのでちょうど良い大きさです。

すべてにおいてバランスがいいですね。

 

ただし1つ注意点として、シーバスで使用する際は海でリールを使用することになるので、毎回しっかりとした手入れをしないとすぐにガタガタしたりトラブルの原因につながるので必ず釣りに行ったときは、真水でしっかりと手入れをしてください。

 

ちなみにリールは新品の購入をオススメしています。

 

Sponsored Link

サブコンテンツ

実釣&雑談動画公開中

初めてのシーバスFISHINGでは新たな試みとして実際の実釣やタックル紹介インスピレーションなどを動画にて配信を行っています。


実釣では編集無しのノーカットですべてを公開。

時間があるときの暇つぶし程度にご覧いただければと思います。


logo51 シーバス実釣動画&雑談集ページはこちら


SNSやブログ村もフォローしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

このページの先頭へ