Sponsored Link

サスケシリーズがオススメできる理由

 サスケのここがすごい

私がサスケシリーズをお勧めする理由としては、とにかくよく飛ぶ&釣れるルアーだからです。

特に同じサイズのミノーに比べると圧倒的に飛距離が出ます。

たぶんこの飛距離の差はかなり釣果につながっていると感じます。

*しかし今では飛距離を考えると他社製のミノーでも同じ、それ以上の飛距離が出るルアーが発売されています。

ただしそれでもサスケの信頼は揺るがないものになっているので、信じて投げていれば釣れるルアーです。

 

シーリーズとしては

  • サスケ75shad
  • サスケ95SS
  • サスケ95SF
  • サスケ120裂波
  • サスケ140裂波
  • サスケ105
  • サスケ105烈風
  • サスケ98剛力
  • サスケ120剛力
  • サスケ130剛力

とかなり多くの種類が出ています。

正直すべての種類をそろえるのは無理があります。

私はサスケ=サスケ120裂波と考えています。

プラスしてサスケ105と95の2種類があればいいと思います。

アクションは裂波はしっかりとした波動を起こしてくれます。サイズが小さくなるに連れて、波動も少し弱くなるといった感じです。

使い分けに関しては、まず初めに使うルアーは120裂波で遠投して遠くまで探ります。

スピードを変えてトップから若干レンジを下げて探る感じです。

基本はこのパターンでいけますが、釣れない場合はサイズを下げるか、SSのスローシンキングでレンジをもう一段階下げるという変化を加えて行きます。

アクションは基本はスローのただ巻きです。

気持ちレンジを下げたいときに少し早く巻く感じですが、アクションはただ巻きです。

 

ただしつれないときにはチョンチョンと簡単にアクションをつけることもありますが、基本はただ巻きで釣れます。

 

ただし一つデメリットがあります。コモモ同様に「高い」ということです。

新品で買うと2000円近くします。

ですので私は基本的に中古で買うことを心掛けて定期的に中古が出ていないかの確認を行っています。

運がいいと1300円くらいで買えちゃうときもあります。その時はまとめ買いです。

 

コモモに比べると水深は入るので、水深の浅いポイントの場合はまずはコモモから探っていったほうがいいと思います。

私の良くいくポイントではサスケでも水深が浅いときは根掛かりを回避できないので、コモモからはいることが多いです。

ただし魚を寄せることはサスケが優位になっていると感じつので釣れないときは水深が浅くてもロッドを立ててよりスローに巻くなどして使用しています。

本当に釣れるルアーなので信じて投げることができれば魚を引き寄せてくれます。

 

Sponsored Link

サブコンテンツ

実釣&雑談動画公開中

初めてのシーバスFISHINGでは新たな試みとして実際の実釣やタックル紹介インスピレーションなどを動画にて配信を行っています。


実釣では編集無しのノーカットですべてを公開。

時間があるときの暇つぶし程度にご覧いただければと思います。


logo51 シーバス実釣動画&雑談集ページはこちら


SNSやブログ村もフォローしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

このページの先頭へ