Sponsored Link

オススメのシーバスロッド

私オススメのシーバスロッドを紹介

私がオススメするシーバスロッドはズバリ「ダイワの2012ラテオシリーズ」です。

123

このロットの素晴らしい点はなんといってもコストパフォーマンスが素晴らしいことです。価格は平均的な価格でも1万円後半の価格の竿ですが、内容は3万円前半のロッドと言われてもわからないくらいの高品質のシーバスロッドに仕上がっています。

ダイワのラテオも昔はあまりオススメするレベルではなくこの上のくらいのロッドラブラックスやシマノのディアナールをオススメしていましたが、モデルチェンジした最新のラテオ(もう1年たつから最新ではないか…)は上位機種をも圧倒する素晴らしいロッドに仕上がっていたので文句なしに私のオススメのロッド№1になりました。

 

 

特に私はフィールドによって長さやかたさを変えて適正なシーバスロッドをチョイスしたいので、最低でも3本は長さとかたさの違うロッドを持ち運んできます。

モアザンを1本買うお金でラテオであれば3本すべてそろえてもおつりがくる価格でそろえられるので、かなりのコストパフォーマンスです。

ちなみに私が揃えている種類は

  1. 96ML・Q(メインで使用)
  2. 86ML・Q(ストラクチャー狙いで)
  3. 86LL-S・Q(バチ抜けなどで主に使用)

 

価格だけではないのがこのシーバスロッドのすごいところで、ズバリ私が思うラテオはモアザン(ダイワの最上位ロッド)の低価格版だと思います。

時に素晴らしいのはロッドの軽さです。9フィートのロッドで130gとかなり軽量化されています。

さらには、Xトルクやアンサンドマイクロビッチブランク、KL-Hガイドといったダイワの最新のテクノロジーが詰まった渾身の1本に仕上がっています。

 

実際に私が使用した感覚で言えば、キャストするときのブレが少なくスムーズにキャストできます。

今までのロッドと同じ感覚でキャストしてしまうと軽くなった分、余計な力がかかってしまいうまくキャストできませんでしたが、軽くキャストする感じで投げることでより遠くに飛ばすことができ、力が要らない分長時間の釣りも疲れにくくなりました。

 

私の中で「ラテオ=感動できるロッド」です。

 

ちなみに私のおススメは、足場の高いところでの釣りやオープンエリアでの釣りではラテオ96ML・Qがオススメで、ストラクチャー周りをランガンするような釣りではか86ML、90ML・Qがオススメです。

 

Sponsored Link

サブコンテンツ

実釣&雑談動画公開中

初めてのシーバスFISHINGでは新たな試みとして実際の実釣やタックル紹介インスピレーションなどを動画にて配信を行っています。


実釣では編集無しのノーカットですべてを公開。

時間があるときの暇つぶし程度にご覧いただければと思います。


logo51 シーバス実釣動画&雑談集ページはこちら


SNSやブログ村もフォローしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

このページの先頭へ