Sponsored Link

雨の後のシーバス攻略&オリジナル動画ver②公開

今回は2日続けていってきました。

良いシーズンに突入したのか数もついて来て非常に楽しい実釣になったと思います。

 

初日は大雨の後の実釣

2日目は濁りと風が吹く中での実釣です。

2日間続けていったのにもかかわらず状況はまったく違う状況となっていましたが、うまくルアーを使い分けてしっかりと出すことができました。

 

今回も前回に引き続き「初めてのシーバスFishing実釣動画ver②」も公開します。

今回の動画は、前回に引き続きシャローエリアでのブレイク打ちとなります。

赤外線ライトを導入したので前回に比べると見やすくなったと思います。

 

アタック時の状況

美浜周辺

27年9月10日

中潮 ①時から④時 上げ5分スタート

 

27年9月11日

中潮 19時~21時 下げ2分スタート

 

まずは初日の実釣

10日は大雨の影響からか海の中の空気が少なくなって降り魚が全体的に浮いている状況でした。

いつも通りにブレイクを攻めるもあまり反応はない状態でしたが、上げ8分くらいになってきたときに頻繁にライズが始まりました。

ライズを打つようにコモモ110をチョイスして投げるも、魚にはよく当たるもののシーバスの反応はなし。

しかも数投に1回は何かしらのベイトが引っかかるという状態。

特に10センチくらいのサヨリがバンバン引っかかっていました。

そこで同じレンジに非常にベイトが多いということだったので、そのベイトのレンジよりも少し下のレンジを引く為にサスケ105にチェンジ。

このルアーチェンジが効果があり、立て続けに同じところで4本GET

DSC_1211

DSC_1211

ライズ打ちというよりはどこにでもシーバスがいるようなハーレム的な状況でした。

コモモのレンジでは全く無視されるのに、サスケのレンジにすると入れ食い状態に。

レンジの重要性を思い知らられました。

(この時に動画撮影をすればよかったと非常に後悔しています)

 

2日目の実釣は頼んでいた赤外線ライトが届いたのでどのくらいわかりやすくなるのかを調べるために短時間でのアタック。

結果は是非動画をご覧ください。

今回もノーカットでの動画撮影になります。

 

【公開動画】

今回の動画にはスペシャルゲストが登場しちゃいます。

ゲストも大活躍。

 

サイズは2日間通して60アップが1本でその他は50ちょいって感じでしたが、元気のある魚が多くて非常に楽しめました。

 

 

 

ブログランキング参加中です

1クリックお願いします<m(__)m> 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

 

タックル紹介

ロッド:モアザンブランジーノ97MML(ダイワ)

リール:モアザンブランジーノ3012H(ダイワ)+カスタムノブ

ライン:シーバスPE パワーゲーム 0.8(東レ)

リーダー:パワーゲームフロロ⑯ポンド(東レ)

本日のヒットルアー

X-80、サスケ105

 

 

リールのカスタムで感度も使いやすさも断然に!!お勧めですよ!! 

皆さんはリールのハンドルは純正ですか?

もともと私も純正を使用していましたが、ハンドルを海にポチャンとしてしまったことがきっかけでハンドルをカスタマイズすることに。

 

純正のハンドルでも問題はないのですが、明らかに感度と使いやすさが増したので、カスタマイズは大成功でした。

正直、リールのシリーズを1つ落としてでもハンドルをカスタマイズするほうがいいと思っています。

 

一度検討してみてはいかがですか?

 ちなみに私が使用しているハンドルは

gd5055_cb_main2

上記のシルバーを使用しています。

軽さも巻き心地もたまらないですよ。

 そんなカスタマイズパーツはDRESS公式の通信販売サイトで探すことができます。

 

 logo51 釣具のカスタムパーツ販売【DRESS】

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

実釣&雑談動画公開中

初めてのシーバスFISHINGでは新たな試みとして実際の実釣やタックル紹介インスピレーションなどを動画にて配信を行っています。


実釣では編集無しのノーカットですべてを公開。

時間があるときの暇つぶし程度にご覧いただければと思います。


logo51 シーバス実釣動画&雑談集ページはこちら


SNSやブログ村もフォローしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

このページの先頭へ