Sponsored Link

私が思うX-80について!すべてを語り尽くす!

 

「X-80」それは私が信頼しつくしているシーバスルアーの数少ない1つのルアー。

私の釣りは基本的に仕事の関係上ナイトゲームがメインの釣りになります。

しかも基本的にはシャローでの釣りがその中でも多く、水深が1メートルない状況化が非常に多い中での実釣。

 

その中で釣果を出すために重要なことは、水面直下ようは表層系のルアーと、ボトム系のルアーを使い分けることにあると思ってます。

デイゲームでは水深の深いポイントを攻めることも多くなるので、表層、中層、ボトムと使い分けることが釣果アップのポイントになると思っているのだが、ナイトゲームでは中層は狙う必要がないと思っている。

 

基本的にナイトの場合は魚が浮きやすい傾向になる上に、その中で浮かない魚は基本的にボトムに張り付いていることが多いと思っているからです。

 

あとは中層という概念がナイト&シャローの環境にはないと思っていることも上げられます。

 

その中で、表層を攻める場合に私が使うルアーはこのルアーです。

  • サスケ(スローからスパースローリトリーブで)
  • コモモシリーズ
  • モルモ80
  • マニック
  • スーサンなどなど

 

表層系のルアーはいろいろ使い分けをして状況を意識して実釣に臨んいますが、このブログのタイトルのX-80はボトムをしっかりと意識して使うことで非常に釣果が上がるルアーです!

 

特にX-80を使ってもらいたい人はこの人

  • シャローエリアで釣りをしている人(水深1~2メートルくらい)
  • 手前にブレイクがある
  • ハゼが良く釣れるフィールド

この3つに当てはまる場合はX-80の出番ですよ!!!!

 

まずは実際にX-80を実釣で使用した動画があります。

基本的な使い方はこの動画で公開している通りなんですが、もう少し詳しく紹介していきます。

まずは動画はこちら。

 

【公開動画①】

【公開動画②】

どちらの動画もボトムをしっかりと意識して実釣をしています。

動画は30分あるので少し長くなってしまうのでここからこのブログで紹介していきたいと思います。

X-80を使ってより釣果を上げるために

まずはボトムをしっかりと意識する

まず基本的にはただ巻きだけで十分釣れるルアーなので投げて巻くだけ。

水深的に足場が高いところでは1メートル未満。

足場が浅いところで1メートル強といったかんじです。

まあ巻きスピードにも関係してくるのでこの表現は非常にわかりにくいと思います。

 

イメージとしては、ボトムを擦るのではなくボトムから10~20センチ上を引いてくるイメージをしっかり持つことです。

 

そんなボトムから10センチ上を引いてくる方法をマスターすれば釣果は倍増&根掛かりも少なくなります。

もちろん根掛かりを覚悟するときは、ガンガンボトムをノックしながら引いてくるのも良いですがそれだと時間もルアーもいくらあっても足らないので、結果的にはボトム上10センチのほうが釣れると思います。

 

ボトム10センチを引く方法

  1. まず普通に投げて巻く
  2. できれば初めの1投はスローで巻く。
  3. スローで巻くと水深も潜るので、ルアーがボトムをノックすることを確認(スローに巻いてもノックしない場合は逆にちょうどいい水深にいる可能性もあり)
  4. ボトムをノックしながら巻いてしまうと根掛かりを起こしてしまうので、ボトムをすった時にはまずは同じ速度で、ロッドを立ててみる。
  5. ロッドを立てたときにボトムをすらないくなるのであればそれがボトム上10センチ
  6. それでもボトムをするのであれば、巻くスピードを1、5倍にしてみる。

要はボトムを擦ったら、ロッドを立てるか巻くスピードを上げることでルアーを浮き上がらせることがポイントです。

 

結構なれるまでに非常に時間が掛かるのでそれまではワームを使って練習をするといいと思います。

基本的にルアーでもワームでも方法は同じです。

 

ボトムをしっかりと探ることが出来れば、必ず釣果はついてきますし、ルアーをコントロールしている感が強いので釣れたときにうれしさも倍増です。

 

これはX-80だけではないのですが、ロッドを立てたときの浮き上がりも早いルアーなのでボトムを攻めやすいというのも特徴のひとつです。

またシリーズを多く出しているので、水深によって使い分けることでよりボトムを攻めやすくなるというわけです。

浅より浅いポイントでは、ブラックバス(淡水用)のX-80やX-80ジュニア

少し深めのポイントはX-80SW+1

などなどを使い分けることによって探りやすいんです。

 

 

難しい動かし方練習するよりも、まずはボトムをしっかりと意識して巻いてこれるようになればこのX-80は無敵のルアーに変身すると思います。

 

是非ボトムを意識して、X-80を信じて投げ切ってみてください。

ちなみにカラーは好きな色を使ってもらえればいいと思います。

「あっこの色いい」と自分で感じた色のほうが投げていて楽しいので!!

私のオススメはレッドヘッド!

ルアーの半分がレッドヘッドというくらいの好き度です。

 

是非お試しください。

 

 
タックル紹介

ロッド:モアザンブランジーノ97MML(ダイワ)

リール:モアザンブランジーノ3012H(ダイワ)+カスタムノブ

ライン:シーバスPE パワーゲーム 0.8(東レ)

リーダー:パワーゲームフロロ⑯ポンド(東レ)

本日のヒットルアー

x-80

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

実釣&雑談動画公開中

初めてのシーバスFISHINGでは新たな試みとして実際の実釣やタックル紹介インスピレーションなどを動画にて配信を行っています。


実釣では編集無しのノーカットですべてを公開。

時間があるときの暇つぶし程度にご覧いただければと思います。


logo51 シーバス実釣動画&雑談集ページはこちら


SNSやブログ村もフォローしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

このページの先頭へ