Sponsored Link

セオリー始動!インプレしちゃいます!!

またまた更新が1か月も空いてしまいました。

すでに目標で上げた更新をするというのが危うそうな。。。。

 

それはさておき、今回の更新のメインはダイワから発売された新リール【セオリー】のインプレです。

今回のFISHINGショーの私の中のメインはこのダイワから発売されたセオリーでした。

 

私のタックルでは2500番は13ルビアス、3000番がモアザンで構成していたのですが、ルビアスのほうがさすがにガタが来てしまい買い替えを検討していたところにこの新リールの情報が入りました。

 

正直狙っていたリールの第一候補はイグジストだったのですが、イグジストはたぶん18年にフルモデルチェンジがされると予想(たぶんされます)していたので購入することをためらっていた時だったのでセオリーにかなりひかれてしまいましたね。

 

とにかく軽いということで、イグジストよりも軽いのに価格はルビアス以下というのは衝撃を受けましたね。

 

まあとにかく予約して買ったわけで、ようやく届いたんですよ。

見た目も非常にかっこいいし、とにかく軽いというのはすぐにわかりました。

これから最低でも1年間はメインのリールになるのでその性能に期待していました。

 

しかしいいことだけはなかったんですよね。

 

今回のラインナップの中に私がほしい2510番ではハイスピードモデルしか用意されていなく2506番を購入するか2508ダブルハンドルタイプを選ぶしかなかったんです。

ということでハイスピードを選択しました。

 

実際に使ってみると、巻きが重いというのが第一印象。

 

フィッシングショーでは軽さに意識が行ってしまいそこまで巻き心地に関心がなかったというのが最大の反省点。

 

同じハイスピードでもモアザン3012H よりも巻きは重いイメージ。

 

まあ使っていくうちに少しは柔らかくなると思うのでこれからなのですが、巻きの軽さを重要視する人は厳しいかもしれません。

 

実際に私がそうなんですが、しばらくは使っていこうと思いますがどうなることかと少し不安。

 

巻き心地以外はまったくケチのつけようがないぐらいに仕上がっていると思います。

 

ちなみに、マグシールドと書かれたスプールの下の部分はルビアスやモアザンは直接印刷されているデザインでしたがセオリーに関してはシールが貼られているタイプでした。

 

わからないところでしっかりとコストを落としていいものを少しでも安く提供できるように考えられていると思います。

 

正直私はシールもいらないよって思いましたが、このレベルのリールをこの価格で提供することは並大抵の努力ではできないと思います。

 

私的独断のセオリーの評価

 さてここからは上記の感想をもとに各項目で得点をつけてみました。

すべて独断と偏見でつけた点数なのでその点はご理解ください。

価格

★★★★★ 5.0

文句なしに満点ですね。

軽さ

★★★★★ 5.0

こちらも文句なしに満点ですね。

巻き心地

★★☆☆☆ 2.0

巻きが少し重いというのがあってこの点数。

ただし思いだけで巻き心地は悪いイメージはないので2点を付けました。

耐久性

★★★☆☆ 5.0

ZAION(ザイオン)ボディ・ローターを搭載しているのでこの軽さでもそこそこの耐久性はありそうだが、さすがにこの価格でギアに関しては少し不安があるので若干マイナス評価。

正直使い込んでみてどの程度耐久性があるのかがわかると思いますのであくまで私の中の感想としての点数。

総合点

★★★★☆ 4.0

巻き心地や耐久性はそこまで点数がつけられませんでしたが、この価格でこの軽さや性能がついたリールは今までにないのでかなり高評価です。

この価格でこれ以上を望んでも行けない域まで来ていると思います。

 

これからリールを購入しようと考えている人にはかなりお勧めです。

 

私自身まだ数回しか使用できていないので使い込んだときにどうなのかは改めてインプレしますね。

 

 

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

実釣&雑談動画公開中

初めてのシーバスFISHINGでは新たな試みとして実際の実釣やタックル紹介インスピレーションなどを動画にて配信を行っています。


実釣では編集無しのノーカットですべてを公開。

時間があるときの暇つぶし程度にご覧いただければと思います。


logo51 シーバス実釣動画&雑談集ページはこちら


SNSやブログ村もフォローしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

このページの先頭へ